2015年1月29日木曜日

突撃!開発者へのインタビュー

弊社では日々サービスの向上を目指して、システムを開発したりカスタマイズを行っております。

今回は、そんな開発のエースお二方にインタビューを決行いたしました!!

貴重な開発者の声をお届けしようと思います。では早速いってきます。



一人目、テクニカルソリューショングループ 齊藤公一


Q1.現在やっていることはなんですか?


ある会社様の倉庫管理システムを開発しています。 在庫を管理するだけでなく、弊社のサービスであるSmart動態管理との連動も考えています。

Q2.開発にかける想いについてお聞かせください。


お客様に満足してもらうことを一番に考えています。最初は言われた機能をつくることしか考えられませんでしたが、見せるもの(システム)として最低ラインのセキュリティなどはやって当然のもので、そこから先が重要です。お客様の立場に立って、保守業務や次の仕事につながるようなシステム開発を行いたいと思います。

Q3.今後やってみたいことはありますか?


現在AndroidやiPhoneのアプリについて勉強をしているので、それらを業務として生かした開発を行っていきたいと思っています。



二人目、テクニカルソリューショングループ 主任、H.I氏


Q1.現在やっていることはなんですか?


齊藤さんと同じ仕事をやってるよ。

Q2.開発にかける想いについてお聞かせください。


これからもずっと、死んだあともピカソのように愛され、尊敬されるような美しいコードを書いていきたいかな。
自分のコードを見て、誰か一人でも泣いてくれる・・・そういうふうになりたいよね。

Q3.今後やってみたいことはありますか?


んー、 スポーツジムに行こうと思ってる。
え?開発に関して?生活がより豊かになるようなシステムを開発したいかな。
たとえば家に帰るころにはエアコンがついてたりとか、人の体温を感知して眠った後に電気を消してくれたりね。
あ、あとロボットも作りたいな。

そうだ、みんなに最後に一言・・・
「夢を持てば、叶うんだぜ?」




(感想)
お二人とも貴重なお時間をいただきありがとうございました。
お二人の開発に対する熱い想いを伺うことができ、自分も頑張らないといけないなって思わされました。

いかがでしたでしょうか。このように 弊社では熱い想いを持った開発者たちが日々開発を行っております。

弊社サービス

Smart動態管理

たくる

こんな夢があるけど、実現できないかな?などありましたら、ぜひともお問い合わせください!
親身になってお応えいたします。一緒に実現させましょう。

そう、

「夢を持てば叶うんだぜ?」

2015年1月23日金曜日

終電をなくしたらやる13のこと

誰もが飲み会や遊び、もしくは仕事が遅くなって一度は終電を逃してしまった経験があるのではないでしょうか。
どうしても帰りたかったのに終電を逃してしまった時など、わざわざお金を使いたくないですよね・・・
そんなあなたのために、今回終電をなくしてしまったときにやる13のことを紹介したいと思います。


1.タクシーで帰る


定番ですが、手っ取り早く家に帰ることができます。仕事で疲れたときも飲みすぎてふらふらの時も家まで送ってくれるのは助かります。ただ家が遠かった場合、深夜料金も加算されすごい金額を請求されるかもしれないリスクもあります。









 

 

2.歩いて帰る


お金はないけど時間がある!といった方におススメです。家が2~3駅圏内の方たちはゆっくりでも歩けば帰れますよね。夜道をぶらっと歩いて帰るのもなかなか乙なものです。お金もかかりませんし。怪しい行動をして職質をうけないように注意しましょう。




 



 

3.迎えにきてもらう



家族や恋人、近所の友人が車やバイクを持っている場合に呼んで迎えにきてもらいましょう。お金もかからず家にそのまま帰れるなんていいですね。きちんと感謝の気持ちを伝えましょう。




 



 

4.友人、恋人の家に泊めてもらう



終電をなくした場所の近くや、まだ終電が残っている路線沿いに住む人の家に泊めてもらいます。もしもその住人と一緒にいたら話は早いです。「終電なくしたらから、泊めてよ」と率直に言いましょう。その人だけ帰れるなんてずるいっていうオーラを出すだけで無料で朝を迎えることができます。
帰るときにはきちんと片づけをして、感謝の気持ちを述べましょう。



 

5.野宿をする


家も遠い、お金もない、友達もいない。そんなあなたにぴったりなのが野宿です。季節によっては凍死するリスクもあるので注意が必要です。また荷物はしっかり管理しましょう。場所は人の邪魔にならないところで眠れればどこでもオッケーです。




 

6.ホテルに泊まる


お金はかかりますが、しっかりと疲れをとることができます。カプセルホテルから高級ホテルまでラインナップは様々です。カップルの場合、終電をのがしたことを口実に一緒にお泊まりできるチャンスかもしれません。



 

7.始発まで飲む


24時間営業や、5時くらいまでやっている居酒屋に行きます。友達がいる場合もそうでなく一人の場合も可能です。飲む量によりますが安く抑えることができます。また、同じく終電を逃した同士がいる場合もあり、新たな友情が芽生えるきっかけになるかもしれません。




 



 

8.カラオケに行く


カラオケはだいたい朝方までやっている店が多いため始発まで時間をつぶすことができます。
フリータイムなどで入れば2000円程度ですごせます。朝まで歌うもよし、BGMを聴きながら横になることもできます。


 

9.マンガ喫茶に行く

 時間をつぶす定番といえばマンガ喫茶です。ナイトパックなどで入れば値段もお手頃です。
気になっていたマンガを読んだり、ネットサーフィンをしたり、場所によってはシャワーまであります。
仮眠もとれる最高の場所です。






10.ファミレスに行く


24時間営業のファミレスなどで朝まですごします。食べ物も飲み物もあるため、快適にすごせます。ただ、眠ることはなかなかできないかもしれません。周りのお客さんや店員の方に迷惑をかけないようにしましょう。




 

11.映画を見る


新宿や渋谷など大きな映画館がある場合、25時からのミッドナイトショーがあります。価格も1500円程度です。暗い館内で睡眠をとるもよし、最新作を楽しむのもよしです。



 

12.ナンパをする


同じように帰れない人、または帰ってる人をつかまえて朝まで一緒に過ごしましょう。
難易度は非常に高いですが、終電を逃したというマイナスのイメージをわざと残った、帰りたくないというポジティブなものに変えてしまいます。忘れない夜になることを祈ってます。



 

 

13.星空、夜景を眺める


基本的に何もしません。公園や道のベンチに座りボーっと無心で空を眺めます。すると気付いた時には空がしらけてきて始発の時間になっています。お金もいらない、究極の時間の使い方です。









いかがでしたでしょうか?みなさん今後終電を逃してしまったときの参考にしてみてください。

また、
・帰りたいけどタクシー代がいくらかかるかわからない。
・帰るのと泊まるのどっちが安いのだろう。
などというときは、

たくる


終電なくしたくん

を是非ともご利用ください。

たくるでは、現在地に配車を行ってくれるだけでなく、目的地までの料金目安も計算してくれます。

終電なくしたくんでは、現在地を位置情報から特定し、近くのホテルや マンガ喫茶、サウナを検索してくれます。

家に帰りたくないときもありますが、終電はのがさないようにしたいものですね。


2015年1月9日金曜日

その時計、かっこいいじゃないか

ウォッチ!いま何時? 一大事!!
ってことで、どうです?この時計。



時計に見えない?
ですよね。。。そう、これはスマートウォッチです。



スマートウォッチとはなんぞや?
って方も多いと思います。

                  ↑sony Smartwatch2 (sonyより参照)






スマートウォッチとは、スマートフォンを通じて得られる情報を腕時計型デバイスで受け取り、応答をするためのものです。
 スマートフォンは非常に便利ですが、時には、スマートフォンが使えない場合やふさわしくない場合があります。

そんな時に、このスマートウォッチを使えばいいのです!



まだまだスマートウォッチは浸透していないように思われますが、
矢野経済研究所によると、「ウェアラブルデバイスの世界市場規模は2013年約671万台、2017年には2億2,390万台を予測」とあります!(注、スマートウォッチ以外も含む)








つまり、以前スマートフォンが一気に浸透したように、今後このスマートウォッチが浸透するのも時間の問題です!!

現在、スマートフォンは日々のビジネスにおいて必要不可欠になっています。
資料に目を通したり、移動中に様々なものを検索したりなどなど。
どこにいてもインターネットを使えて、非常に便利です。



しかし、そのスマートフォンを使えない場合もあります。

たとえば、運転中


携帯電話を使用しながらの運転は交通違反です。

しかし、宅配中のドライバーのように仕事中に仕事の連絡が来ることもあるでしょう。
そのたびに路肩に駐車し、携帯を取り出して連絡をとったりするのは手間ではありませんか?

そのような場合に、このスマートウォッチが便利なのです。

運転中、メッセージを受信してもちらっと腕を見れば内容を把握できます。

さらに、音声によってその場で返事を送れるというのが最大の利点です!


ところが、このスマートウォッチを利用した、業務用アプリは日本では一個も
ありませんでした…そう、1月8日までは!!

日本初 
スマートウォッチを利用した業務用アプリ
解禁

ってことで、弊社、1月9日本日ついに作ってしまいました。日本初

弊社のサービス、Smart動態管理をスマートフォンではなくこのスマートウォッチによって
利用できます。
ドライバーの皆さまは、スマートウォッチを身につけることで運転中にもメッセージの
やりとりを行うことができます。


なお、プレスリリース本文はこちら です。

これでまた、世の中便利になりますね☆

交通違反も事故も減ってほしいです。

このプレスリリースに際して、説明動画も制作しました。
よろしければ、一度目を通していただけると幸いです!


                       (説明動画 約3分)
  

今回も読んでいただきありがとうございました!

(文責 甲斐田)